読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kilroy Was Here

不定期更新の技術ブログ

プログラミング教育の必要性

生物学分野におけるプログラミングの重要性を紹介する記事。

wired.jp

記事では、プログラミングの教育体制が十分に整っておらず、

独学で習得するしかないという実態について語られていた。

 

これは、日本の場合でも似たような状況だと思う。

また、カリキュラムは用意されているが、申し訳程度の内容で

終わってしまうというケースも多いのではないだろうか。

 

個人的な意見としては、まずは進学前の段階でプログラミングに

触れさせる機会を作らなければ、根本的な解決はできないと思う。

 

現状では学生間に大きなスキル差が存在しており、

まったくのプログラミング未経験者まで想定した講義に

せざるを得ない部分もあるので、実用レベルまでカバーする

カリキュラムは組みにくいと考えられるからだ。

 

大人になってから学び始めるようでは限界があると思うので、

できるだけ早期に素養が身につくような環境を整えることから

始めるしかないのではないか。