Kilroy Was Here

不定期更新の技術ブログ

ルービックキューブをIoT化

IoT機能搭載のルービックキューブ「GoCube」が公開された。

www.gizmodo.jpGoCube本体は、アプリ上に表示されたキューブと連動している。アプリには、6面揃えるための解法を教えてくれる機能も搭載されている。さらに、オンライン対戦モードにおいては、完成までのタイムを競うことも可能。

f:id:samsoda:20180619211035j:plain

Kickstarterには、レイテンシーが0.25秒の通常版「GoCube」と、0.001秒の「GoCube Edge」の2種類が用意されている。オンライン対戦はどちらでも可能だが、スコアボードは「GoCube Edge」のみ対応。

Pokemon GOに新機能が追加

Pokemon GOに、フレンド機能とポケモン交換が導入されることが発表された。

app.famitsu.comwww.4gamer.netトレーナーはお互いをフレンドリストに追加できるようになり、ギフトを贈り合ったり、仲良し度を高めたりすることが可能となる。また、フレンド同士でポケモンを交換することもできる。本機能については、6月24日までに実装される見込みだ。

Appleが自動運転の特許出願

Appleが自動運転関連の特許を出願していたことが判明した。

www.gizmodo.jp今回の特許は、ドライバーが行きたいと思った目的地を判断する方法について扱ったものだとのこと。ドライバーが一切操縦する必要のない「レベル5自動運転」を目指してのものであるようだ。

 

このシステムにおいては、ステアリングやジョイスティックでクルマの方向指示を行う。また、ドライバーの質問からニーズを満たせる場所を判断して、自動で移動してくれる機能も備えている。さらに、ジェスチャーで駐車する位置を指示することも可能とのことである。

ITフリーランス向けの福利厚生

ギークスは、医療法人社団ミッドタウンクリニックと提携し、ITフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」において人間ドック受診割引サービスを開始すると発表した。 

japan.cnet.com定期健康診断は、労働安全衛生法により実施が義務付けられているが、フリーランスの場合は、自身で申し込みを行い、費用も全額自己負担しなければならない。なお、日本政策金融金庫の調査においても、「健康診断・人間ドックの受診に対する補助」はフリーランス支援策として重要視されている。

 

今回開始されたサービスの対象となる検診施設は下記のとおりだ。今後、提携検診施設は、随時増やす予定としている。

東京ミッドタウンクリニック(六本木)
・浜松町ハマサイトクリニック(浜松町)
・東京ダイヤビルクリニック(茅場町
・ミッドタウンクリニック名駅(愛知・名古屋)

GoogleがAppMakerを正式提供

Googleは、試用を希望する全てのデベロッパに対して、AppMakerを公開すると発表した。

jp.techcrunch.comAppMakerは、ウェブ上でビジネスアプリを開発・配信するためのオンラインツールだ。これまではプライベート・プレビュー状態が続いていたが、今後は、G Suite Business / EnterpriseおよびG Suites for Educationの定期契約ユーザが利用できる。

 

また、AppMakerは全40種類のGoogleサービスにアクセスできる。他社のローコードサービスと異なり、Googleサービスに特化したものであるので、Salesforceなどのサードパーティーサービスとの接続機能は提供されていない。

Node.jsが標準環境で利用可能に

Googleは、Node.js 8アプリケーションのデプロイがGoogle App Engineの標準環境において可能になったと発表した。

codezine.jpこれにより、Node.jsの開発者はGoogle App Engineのメリットを享受できるようになった。API制限などもないため、Node.jsによる開発手法をそのままGoogle App Engine上でも利用可能である。

 

また、Node.jsアプリケーションからGoogle Cloud Platform製品の利用しやすくするクライアントライブラリとして、Google Cloud DatastoreやStackdriver Debugger agent、Stackdriver Trace Agentなども用意されている。

SteamがXP/Vistaのサポート終了

2018年12月31日にSteamはWindows XPおよびVistaのサポートを終了すると、Valveは発表した。

www.gamebusiness.jp2019年以降は、SteamクライアントそのものがXPおよびVistaで利用不可能となる。なお、2018年内は該当のOSでもSteamクライアントは起動可能であるものの、新機能については制限があるとのこと。

 

なお、両バージョンともマイクロソフトのサポート期間は終了しており、シェアも低くなっているため、今回の影響を受けるユーザは全体の0.4%にも満たない。