Kilroy Was Here

不定期更新の技術ブログ

ニコニコスマホSDKの実装を発表

ポノスのiOS/Android向けゲームアプリ「はばたけ!ひよこ小競争」に、

ソフトウェア開発キット「ニコニコスマホSDK」が実装されている

ことが発表された。

www.gamebusiness.jpニコニコスマホSDKは、アプリに組み込むことで、ニコニコ生放送での

ライブ配信・コメントの表示・投稿コメントによる協力プレイといった

機能をアプリに導入することができる。

 

また、ニコニコスマホSDKが実装されたアプリでの生放送配信については、

niconicoの一般会員は1日3回まで無料、プレミアム会員は無制限で配信する

ことができる。

 

今回発表された「はばたけ!ひよこ小競争」には、ニコニコスマホSDK

デフォルトで実装されているため、プレイヤーは同アプリをインストール

するだけで、手軽にゲーム実況配信を行ったり、コメントで盛り上がりを

共有したりして楽しむことができる。

Androidで使えるiMessageアプリ

iMessageをAndroidで使えるアプリ「weMessage」が登場した。

なお、利用にはMac上で「weServer」というサーバーアプリを

使う必要がある。

www.gizmodo.jpweMessageは、iMessageのメッセージをweServerを経由してAndoird側

のweMessageに届けるという仕組みになっている。スタンプには対応して

いないものの、グループチャットや写真の送付など、iMessageで使える

多くの機能が使用可能。デモ動画では、AndroidでもiMessageのやりとり

が行われていることが確認できる。しかし、これはApple側の要請によって

消える可能性も高い。

Netflixユーザの週あたり視聴時間

Netflixユーザの1日あたりのコンテンツ総視聴時間は1.4億時間以上、

週あたりでは10億時間だった。過去の数字と比較すると一年前より

減っているとのこと。なお、2017年Q3時点での契約者数は1.09億人

で、うち半数弱が米国内ユーザーだ。jp.techcrunch.com1.09億ユーザーが週に10億時間も視聴すると、1アカウントあたりでは

約480時間となる。このことは、ユーザ数が伸びても視聴時間は必ずしも

長くならないことを示している。

 

ストリーミング市場の競争は激化しており、HuluやAmazon Prime Video

などがオリジナルコンテンツの制作や作品数の増加に力を入れている。

Netflixでは、2016年始めに新たに130カ国に進出すると発表し、海外市

への拡大路線をとっている。なお、Netflixの株価は一年前と比べて50%

上がっている。

Visual Studio 2017 v15.6の新機能

MicrosoftVisual Studio 2017 v15.6 プレビューをリリースした。

news.mynavi.jpv15.6 プレビューの新たなCPU使用率ツールでは、関数コードがCPU

消費量と共に表示されるため、アプリケーションのパフォーマンスの

見直しを行いやすくなった。

 

また、Windows 10 Fall Creators Update以降で生成した

ダンプ利用時は、スレッド名が表示されるようになった。

 

そのほか、Android NDK r15cの組み込みサポートと、コピーエリジョン

が保証されたC++ 17のサポートが加わった。チームエクスプローラでの

Gitタグの完全表示や、Visual Studioアカウントを用いたMicrosoft Azure

リソースへのアクセス、実行ファイルのファイルバージョンにマイナー

リリースを反映するなどの更新も加わった。バグ修正は、Gitブランチの

切り替え時にIntelliSenseが動作しなくなる不具合に対して行われている。

 

データ契約ガイドライン検討会

経済産業省は「第1回 データ契約ガイドライン検討会」を開催した。

検討会では、「データの利用権限に関する契約ガイドラインver1.0」

に関して議論が行われた。

iotnews.jp5月に公表された「データの利用権限に関する契約ガイドラインver1.0」の

改訂のため、12月から来年3月末まで「データ契約ガイドライン検討会」が

開催されると発表されていたが、第1回が12月8日に開催された。

 

弁護士等で構成される「データ契約ガイドライン検討会作業部会」が

同検討会には設けられ、事業者から持ち込まれるユースケースを基に

データやAI活用に係る契約での取決め方法等を検討し、ガイドライン

の改訂案を作成する。

 

同検討会の検討内容は、以下の二つだ。

  • 事業者間における契約モデルや契約条件の整理
  • 個別取引やビジネスモデル等の深掘り、ユースケースの充実化等

 

検討会は年度内に3回程度、作業部会は年度内に5回程度開催される。

また、検討会の会議は公表で行い、検討会終了後に結果及び議事概要

は公表される。第1回作業部会は12月15日の予定。

Raspberry Piで利用可能なVivaldi

Raspberry Piでは、これまでChromium / Firefox / Midoriのブラウザが

使用可能だったが、それ以外にVivaldiという選択肢がもう1つ増えた。

japan.cnet.comVivaldiは、Blinkをベースとするブラウザで、Windows / macOS / Linux

を搭載したPC向けに提供されてきた。今回、Raspberry Pi / Cubieboard

/ Tinker Boardなど、ARMベースの開発者向けボードにまで展開する。

f:id:samsoda:20171210093851j:plain

Vivaldiの開発者らは同ブラウザについて、スマートテレビに内蔵されている

簡易ブラウザに代わる選択肢として、テレビに接続したRaspberry Pi上で

役に立つと主張している。現時点では、アニメーションGIFの無効化・タブの

グループ化・スクリーンショットキャプチャ、メモなどの機能を備えている。

 

VivaldiAndroid向けに提供する時期については明らかになっていない。

iOS向けのバージョンも開発する意向だが、それにはChromiumやBlink

ではなくWebKitを採用する必要がある。

パスワードを使わない認証技術

FIDOアライアンスは、2機種のAndroidスマートフォンが新仕様の

「FIDO UAF(Universal Authentication Framework) 1.1」を搭載

したと発表した。従来のスマホでは、Andorid OSをカスタマイズ

し、FIDOに対応させていた。今回はカスタマイズ不要で利用可能。

itpro.nikkeibp.co.jpFIDOでは、端末が搭載する生体認証機能などを利用し、公開鍵暗号

用いてオンライン認証する。次回以降はパスワードなしでサービスを

利用できる。

 

従来のスマホは、メーカーが独自にAndroidへ「FIDO UAFモジュール」

を組み込んでFIDOに対応していた。これに対し、FIDO UAF 1.1は、

Andoroid 8.0が標準で備えている「Key Attestation」という機能を

サポートしている。

 

FIDO UAF 1.1に対応するスマホは、「Xperia XZ1 SO-01K」

と「Xperia XZ1 Compact SO-02K」の2機種で、従来の機種

をアップグレードしただけではFIDO UAF 1.1には対応しない。