Kilroy Was Here

不定期更新の技術ブログ

ユニコードのバグによる悪戯

ユニコードのバグを悪用して、iPhoneMacの上で動いているアプリを一瞬でクラッシュさせる悪戯が急増していた。

jp.techcrunch.comこのバグは、南インドテルグ語の二つの文字を表示しようとすると、多くのiOSMacのアプリ/アプリケーションでクラッシュするというものだ。なお、現在のバージョンのiOS /  tvOS / macOS / watchOSでは、このバグは解消しているようだ。

2月のWebサーバ調査の結果

Netcraftは2018年2月のWebサーバ調査の結果を報告した。Microsoftがシェアを伸ばしたが、Nginxはシェアを減らした。

news.mynavi.jpNginx減少の要因として、Apacheへの移行が挙げられている。これまでRaksmartなどのサービスを使っていたホストがData Foundryへ移行した結果、このような現象が起こったとのこと。

 

また、CloudflareがNginxから新サーバへの移行を進めている点についても言及されている。この動きは2017年12月18日から観測されており、2月段階で60%のCloudflareサイトが新サーバへ移行している。

オラクルがデータセンター新設

オラクルは、国内にデータセンターを新設することを発表した。

news.mynavi.jp今回、発表されたのはデータセンター(DC)の新設と、営業拠点「Oracle Digital Hub Tokyo」の開設、「Oracle Cloud Platform Autonomous Services 」の機能拡張の3点となる。

ドアを開けてくれる4足ロボット

Boston Dynamicsは、商品化予定の家庭用ロボット「SpotMini」のバリエーション機がドアを開けている動画を公式YouTubeチャンネルで公開した。

www.youtube.com発表済みのモデルにはマニピュレータはないため、モノを掴んだり運んだりすることはできない。しかし、今回のバリエーション機は、背中からアームの生えている。なお、旧モデルのSpotMiniにはオプションでアームがついており、空き缶やガラスのコップを掴むこともできた。

 

動画では、従来型SpotMiniが閉まっているドアを見上げた後、バリエーション機が近づき、ドアを開いて押さえ、従来型が外に出るまで待つという行動をとっている。

AWS大阪ローカルリージョン提供

Amazon Web Servicesは、Asia Pacific (Osaka) Local Region(AWS大阪ローカルリージョン)の提供を開始した。

codezine.jpAWS大阪ローカルリージョンは、単一のアベイラビリティゾーンのみを提供し、データセンター間をこれまで以上に地理的に離すことによって、特定のアプリケーションのニーズに対応する。また、他のAWSリージョンから独立しており、内部に独立したAPIエンドポイントを備えている。

 

AWS東京リージョンから離れた場所に拡張可能なデータセンターが必要なユーザーに適しており、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)などの各サービスを利用可能。

2月の人気言語ランキング公表

2018年2月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開された。

news.mynavi.jp今回のPCIでは、Visual Basic .NETVisual Basicが大きく値を増やした。TIOBE Softwareは「Visual Basicはこのまま数年後には消え去るだろう」と数年前に予測していたが、今回の結果は予測から大きく異なっている。なお、チューリングが完全になったと判断されたため、今回はSQLも統計に追加されていた。

f:id:samsoda:20180213204144j:plain

公的部門のCIOが重視する技術

公的部門の最高情報責任者は、クラウドコンピューティング・サイバーセキュリティ・データアナリティクスを特に重視しているようである。

japan.zdnet.comCIOを対象としてGartnerが実施した調査によれば、公的部門のCIOにとって最も優先順位の高い取り組みはデジタル変革であり、それにセキュリティとガバナンスが続くという。デジタル変革の優先順位は民間部門よりも公的部門の方が若干高いが、これは民間部門が成長や市場シェアを重視しているためかもしれない。

 

「組織の目標達成にどのテクノロジー投資が重要か」という質問に対しては、最上位にクラウドが挙げられており、2位はBI・アナリティクスであった。なお、インフラ・データセンターが3位にランクインしているが、2位との間にはかなり差がある。

 

クラウドサービス・ソリューションとインフラ・データセンターは、どちらも公的部門のCIOのうち30%以上が重視しており、トップ10に入っている。しかし、ほかの業界でこれらを重視しているCIOは12%にすぎない。一方、デジタル化・デジタルマーケティングを重視している民間部門のCIOは16%であるが、これは公的部門の2倍以上の数字だ。

 

IoTは、全業界でトップ10に入っているが、公的部門では優先順位が低い。セキュリティとリスクが重要だと考えている公的部門のCIOは5%にすぎないが、サイバーセキュリティ・情報セキュリティへの支出を増やす予定のCIOは17%いる。